主婦 パート 名古屋

MENU

恩師に推薦された名古屋の看護師求人

私は看護学校を入学当初は、そのまま付属の大学で働くものだとばかり思っていました。当然、周囲の友人とも将来は一緒に働こうねと話していました。親も私が看護学校を卒業したら、付属の大学病院で働くものだと思っていたようです。

 

ところが私は今名古屋の大学病院で看護師をしています。看護学校付属の病院は神奈川県内にあったのにです。看護学校時代にとてもお世話になった恩師が、名古屋の大学病院でこの学校出身の看護師さんが欲しいと言っていると言って私に打診してきました。

 

私は名古屋出身でも何でもないので、最初はお断りしようかと思いました。とはいえ両親とも話し合ってとてもお世話になった恩師が推薦してくれるのだから、何か縁があるのだと思って承諾しました。

 

自分で言うのも難ですが、私は結構成績優秀だったので他の教員からも「看護師の求人で名古屋の大学病院に出ていたけど、どう?」と言われていました。今働いている病院は看護師にとても高いレベルを要求する病院だったのです。

高校生の時に長野市でアルバイトしてました

今度の春休み、長野の友人を訪ねて、長野に旅行に行くことになりました。幼い頃、父親の仕事の関係で何度か長野に住んだことがあり、友人とは幼馴染です。

 

父親は、仕事上、長野と他県を行ったり来たりすることが多く、家族も父親の勤務先と同様、住まいを転々としていました。涙涙で長野の友達と別れて引っ越したのに、翌年にはまた長野に戻ってこれたということも2度ありました。

 

どの面下げて戻ってくればいいの?と母は言っていましたが私は単純に長野に戻れることが嬉しかったものです。仲の良い友人と再び同じ学校に通って一緒に遊ぶことができるのですから。

 

ですが、そんな長野を行ったりきたりの生活も私が大学に進学する頃までには落ち着いていました。高校生の時に長野市でアルバイトを始めて間もなく、たぶんこれで最後の引っ越しになると言われて引っ越した神奈川で今のところ我が家には珍しく定住しています。

 

なので、今回の長野旅行は久しぶりに友人の会いに行くための旅行です。とても楽しみです。

難波のコールセンターでのアルバイトが良い経験

私は、学生時代から人と話すのが苦手な方で、特に目上の人とは話す機会があまりなく、敬語に自信がありませんでした。就職活動を前に「何か経験を積んでおかないと」と思い、したことのないアルバイトをすることに。

 

荒治療でしたが、大手通販のコールセンターのアルバイトを難波ですることに決めました。数十人を大量採用、一気に研修という感じで幸い面接は簡単に通り、悪戦苦闘しながら研修を受けました。

 

最初は原稿を見ながら必死に読み上げ、お客様役と販売員役に分かれて何度も何度もロールプレイングを繰り返し、社員さんにダメ出しをしてもらいます。最終試験で合格を貰って現場デビューできた時には泣きそうになりました。

 

その後、半年間電話を受け続け就職活動が始まる頃にはスラスラと敬語が話せるようになり物おじせずに明るくハキハキ対応ができるようになりました。研修は大変でしたが、しっかり指導してくれる大手のコールセンターはいい社会経験になったと思います。